「FREED Modulo X」を発売

Hondaは、専用のカスタマイズパーツ※1を量産過程で装着、販売するコンプリートカーブランド「Modulo X(モデューロ エックス)」の第4弾※2として、「FREED(フリード)」をベースに、その走行性能とデザインにさらに磨きをかけたコンプリートモデル「FREED Modulo X(フリード モデューロ エックス)」を12月15日(金)に発売します。

フリード Modulo Xは、広い室内空間、優れた燃費性能、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」※3の搭載などでご好評いただいているコンパクトミニバン「フリード」に、専用開発のサスペンションや空力特性を活かしたパーツ※1など、Moduloブランドが培ってきた「上質でしなやかな走り」を実現するチューニングを施しました。ミニバンとしての使い勝手の良さや室内の快適性を損なうことなく、ドライバーには「意のままに操る」走りを追求した運転の楽しさを、同乗者には上質で快適な乗り心地をそれぞれ提供しています。さらには、Modulo Xらしい存在感のある専用エクステリアや質感を追求した専用インテリアに加え、「9インチプレミアムインターナビ」を選択可能な設定としました。

また、フリード Modulo Xの発売に伴い、FREED(フリード)、FREED+(フリードプラス)のテレビCMを新作し、前作に引き続き蛯原友里さん、徳井義実さん(チュートリアル)を起用。フリード Modulo Xの登場に加え、新たにフリード、フリード+に採用されるボディーカラーのフォレストグリーン・パール※4とプレミアムクリスタルレッド・メタリック※5や、足をかざすだけでリア左側パワースライドドアの開閉が可能となる「ハンズフリースライドドア」※6を紹介しています。

※1 パーツは、 Honda純正用品メーカーの(株)ホンダアクセスが開発
※2 N-BOX Modulo X(2012年12月)、N-ONE Modulo X(2015年7月)、STEP WGN Modulo X(2016年10月)に続く第4弾
※3 タイプ別設定。Honda SENSINGの各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界があります。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。
※4 32,400円(消費税8%抜き 30,000円)高
※5 54,000円(消費税8%抜き 50,000円)高
※6 ディーラーオプションで設定、29,160円(消費税8%抜き 27,000円)、別途取り付け工賃が必要