ブログ

BLOG

スタッフ

ベトナムからようこそ!

「将来は母国ベトナムで修理工場を持ちたい」

まっすぐな目でそう語るのは、ベトナム人のジエンさん、25 歳。

ジエンさんは2017年6月に来日。自動車整備工場で半年間で働き、さらなるキャリアアップを目指して2月からHonda Cars 大阪東のサービスマンとしてスタートする。

ベトナム・ホーチミン近郊のコーヒー栽培農家に5人兄弟の末っ子として生まれた。子どもの頃は川魚釣りと読書に熱中し、ホーチミン市技術師範大学理工学部卒業。大学では日本語習得に熱心に取り組んだ。

1番上の兄はコーヒー栽培農園を継ぎ、他の兄弟は医師などそれぞれの道へ。末っ子のジエンさんは大学卒業後、あこがれの日本へ。

「父は日本へ行くことに賛成でしたが、母は強く反対しました。母は末っ子が海外に行くことがとても心配だったのでしょう。」と語るジエンさん。

日本に来て驚いたことは、銭湯とお寿司。「ベトナムでは入浴はもっぱらシャワー。他人同士が裸でお風呂をともにすることに驚きました」「ベトナムでは魚介類などを生で食べることはありません。でもお寿司は美味しい!」と笑顔で語るジエンさん。

さらに「ベトナムでは鉄道が発達していないため、移動は主にバイクやクルマ。ホンダブランドはバイクの代名詞となっていますし、クルマではホンダがとても人気です。」

今田社長「ジエンさんがサービススタッフとして現場に加わることで、日本人スタッフにとっても大きな刺激になります。スタッフ同士が仲のいい関係を築きながら切磋琢磨することで、お客様へのサービスの向上に繋がることを期待しています。」

10年後20年後の未来にむけて、Honda Cars 大阪東の挑戦は続きます。